Home水光社の活動

水光社の活動

詩吟界を活発化するために、また詩吟の発展のために水光社は頑張ります!


 熊本チャリティー
 大分勉強会
 水光社オリジナルバッジ
 先生方の街を走っています
 講習会の様子
 詩吟で元気

 

熊本チャリティー

1507010941425  1507010948339

9/30
熊本チャリティー

詩吟普及バッチの売上一部を熊本チャリティーにて義援金として渡させて頂きました。
詩吟界は凄い!
社会貢献、又、日本伝統文化の継承を祈り、皆の絆で頑張っています!
一般の方にアピールし、詩吟人口増加と詩吟の良さを伝えていきたい!
先生方のお力で形に出来ました。ありがとうございました。

 

大分勉強会

大分勉強会2 大分勉強会3 大分勉強会1
大分で沢山の先生方に集まって頂き楽器を使いながら楽しく詩吟をする会を開きました。
本来詩吟は体が楽器です。
トレーナーなどは練習する時の助っ人にしかすぎません。
ただ、ご購入頂いた先生方に楽器の使い方を説明する事は私たちの役目です。
先生方と楽器はパートナーです。お互いがお互いを引き立たせることが出来たら最高!!
大勢の方に集まって頂き大変感謝しています。
本当に笑いありで楽しい勉強会でした。

 

水光社オリジナルバッジ

詩吟バッチ1batch5

水光社オリジナルバッジ    550円(税込)

 

詩吟ロゴ入りバッジ
2020年のオリンピックに目指して何か詩吟界でも「華」を咲かせましょう。
先日、コンビニの店員さん(若い女性)に「詩吟やってられるのですか?」と私の胸元のバッジを見て聞かれました。
「詩吟」というキーワードをもっと世の中に広めていく事がまず一歩!!
また、若い人が興味をもつように何らかのアピールが必要です。
一人一人の力が合わされば大きくなります。
是非、胸元にピンバッジをつけて2020年オリンピックに何らか詩吟界がたずさわれるよう頑張りましょう。
もしかしたら、オリンピックの時にある外国の人とバッチ交換もあるかも?!

 

凄いです!バッジを一般の方が見て声をかけてくれます!
人口が減ってきているなか、とにかく一般の方に詩吟という文字をみてもらう事、知ってもらう事をしないとならないです。
そして何らかオリンピックや詩吟がメディアに取り入れられるように一人一人の力ではなく輪を作りましょう。
努力は必ず結果を作ります!

詩を吟じ 礼節を知る 日本人

頑張りましょう!

 

先生方の街を走っています

 

kuruma_migikuruma_hidarikuruma_yoko

先生方の街を走っています。

 

詩吟に関心を持たれた方からお問い合わせがあった場合は、お近くの先生をご紹介させていただきます。

その際にはよろしくお願いいたします。

 

日本伝統文化の詩吟を広く世界にアピールする機会として、オリンピックも控えております。

継続は力なりで頑張ります!

 

 

講習会の様子

 

講習会1講習会2

講習会の様子!

先生方楽器を使いこなそうと頑張ってます。

楽しく、唱歌などを弾いたり、楽器で分かるアクセントなど、自分の声と楽器との調和などなど。

とにかく、人数は関係ありません。
日頃、水光社の商品を使用してくださる方に、スタッフ一同感謝しています。

当社は、販売するだけでなく、どのように使用していただいて役立てていただいているかが肝心!と考えております。

先生方、沢山お集まり頂き、本当にありがとうございました。

今後とも水光社を宜しくお願いいたします。

 

 

詩吟で元気

 

熊本城

原雨城

蘇岳を東に望み西は火の海
白川南に下って水潺湲
藤公の偉業城と偕に熾んに
秋雨春風勇魂を弔う

 

6年前に突然病気で倒れて、言葉や身体が不自由になってしまいました。

 

ご本人が一番ですが、家族の助けもあり、今もリハビリをしながら頑張って、詩吟をしております。

詩吟は漢詩や和歌に節をつけて吟じますが、言語障害のリハビリにもなっております。
「声を出す=体を鍛える]効果もあります。
言葉には感情や情景もあり、また、相手に意思を伝える手段としても必要です。
漢詩は難しい??ものではありません。
漢詩には情景詩、懐古詩、風景詩などがあります。
自分が感じた、思った気持ちを入れて声に出すだけです。
十人十色で、ここの名詞や動詞に力を入れようか、
形容詞に力を入れようかなど、自分が思い浮かべる気持ちを表現するのです。
ストレスが多い世の中で、色々な解決方法はありますが、
詩吟を吟じて日本の文化に触れながら、健康になるのも良いことかと思います。

ご協力頂いた先生、ありがとうございます。
「リハビリを頑張ってます。徐々にですが回復してます。
詩吟のおかげで言葉の勉強もすることになった。自分で立ち、コンクールも出たい。これからも頑張りたい」
と仰ってました。
6年前と比べたら、すごく回復していました。
くじけそうになったり、辛いことも、理不尽に感じたこともあったと思います。
「あきらめない」が実を結ぶのだと思いました。
応援しております。
色々な方に詩吟を楽しんで頂けたらと思います。
そのためにも、水光社は、今後も先生方と共に歩んでいきたいと思います。

 

 

 



Copyright© 水光社 All Rights Reserved.